*このページは 1/25 に募集ページに切り替わります

<講座の募集は 1/25(月)開始>

〜新シリーズ始動〜

「国際派日本人養成講座LIVE」

伊勢雅臣インタビュー:

危機を乗り越える日本の“根っこ”

「国際派日本人養成講座LIVE」第4弾

下記の日程をご確保ください

募集受付開始:1月25日(月)〜

<開催日程>

・本講義⑴:2/21(日)AM 10:00〜

・本講義⑵:3/21(日)AM 10:00〜

・本講義⑶:4/18(日)AM 10:00〜

・ご自宅のPCやスマートフォンより、ライブ配信形式でご受講いただく講座となります。(後日、購入者の方には録画版も配信されますので、何度でも繰り返しお楽しみいただけます。)


(※1つだけでも受講いただけますが、上記3つで1つのシリーズが完結する形式のため、全て通してのご受講をお勧めしております。)


企画の都合上、受講受付開始は1/25(月)〜を予定していますが、まずは日程のみ事前にお知らせをしております。

講師紹介

伊勢 雅臣(いせ まさおみ)

まぐまぐ殿堂入りメールマガジン「国際派日本人養成講座」編集長

カリフォルニア大学バークレー校 工学修士・経営学博士

公益社団法人「国民文化研究会」参与

筑波大学「日本語・日本文化学類」非常勤講師

1953年東京生まれ。東京工業大学 社会工学科卒。日本の大手メーカーに就職後、社内留学制度により、アメリカのカリフォルニア大学バークレー校に留学。工学修士、経営学修士(MBA)、経営学博士(Ph.D.)を取得。生産技術部長、事業本部長、常務執行役員などを歴任。


2010年よりイタリア現地法人社長。2014年よりアメリカ現地法人社長を歴任。イタリアでは約6,000人、アメリカでは約25,000人の外国人を束ね、過去最高利益を達成するなど成果を上げてきた。


これまでの海外滞在はアメリカ7年、ヨーロッパ4年の合計11年。駐在・出張・観光で訪問した国は5大陸36カ国以上に上る。


1997年9月より、忙しい社業の傍ら独自に日本の歴史・文化を研究。毎週1回・原稿用紙約15枚の執筆を23年間。正月休み以外は毎週続け、発行したメールマガジンは1199号を超えた。(*2021年1月19日時点)


2017年より、日本の歴史伝統を次世代の若者たちへ受け継ぐため、国内にて執筆・講演活動に従事。書籍の印税分を使い、公立図書館や学校図書館に著者を寄贈。全国の中学〜大学を周り、若者向けの講演などを行う。そのほか、公益社団法人「国民文化研究会」参与。筑波大学で「日本語・日本文化学類」の非常勤講師も務め、豊富な国際経験・現場経験をもとに、次世代を担う“国際派日本人”の養成に尽力している。

3年間のアメリカ現地法人社長時代・25,000名超のアメリカ人、メキシコ人をマネジメント

4年間のイタリア現地法人社長時代・6,000名超のイタリアン人、モロッコ人、ポーランド人をマネジメント

ハンガリー・ブダペストでの会議風景

フィンランド・アールト大学でのパネルディスカッションに登壇

<著書紹介>

<講演実績等>

福岡教育大、摂南大学、大志万学院(ブラジル・サンパウロ)、日本工業倶楽部、関西生産性本部、日本会議、学生文化会議、まほろば教育事業団、モラロジー研究所、Japan Spirit、ダイレクト出版(株)、麗澤中学校など多数。


その他、『正論』『正論SP:産経教育委員会100の提言』、日本会議月刊『国の息吹』『126代を貫く皇室の祈り』連載、モラロジー研究所『れいろう』等に記事を寄稿。

推薦の声

「伊勢先生の教えで、日本は確実に復活する!」

“私は、1999年のロシア政治経済ジャーナル創刊以後、一貫して、伊勢先生のメールマガジン「国際派日本人養成講座」、先生の書籍群を推薦させていただいております。先生の教えを知ると、重度の「自虐史観病」患者も一か月で完治します。


しかも、アメリカ、イタリアでの駐在経験のある先生の教えは、偏屈な民族主義の対極にあります。先生は、日本を深く愛し、他民族を尊敬しているのです。先生の教えによって、「国際派日本人」が大量に育てば、日本は確実に復活するでしょう。日本の真の救世主、伊勢雅臣先生を、心から推薦させていただきます。”

国際関係アナリスト

北野 幸伯

主催:ダイレクト出版・政経部門

会社概要 | 特定商取引法上の表記 | プライバシーポリシー | ダイレクト出版株式会社 サポート


掲載の情報・画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。

大阪府大阪市中央区安土町2丁目3-13大阪国際ビルディング13F FAX:06-6268-0851

Copyright c 2019 ダイレクト出版株式会社. All Rights Reserved.